定期的に業者に掃除を依頼することでいつまでも清潔で安全に使える

特性のある素材

peekの意味とその特徴

peekとは、結晶性ポリマであるポリエーテルケトンの略称のことです。また、熱可塑性エンジニアリングプラスチックの一種となります。peekの特徴は、融点が334℃で最高連続使用温度は250℃となっている事です。つまり、非常に高い温度域での使用が可能ということです。それ以外にも引張特性、疲労特性、衝撃特性などにも優れており、さらに濃硫酸、濃硝酸、飽和水素以外には腐食しないという耐食性も備えています。また、加水分解安定性にも優れているため長時間の水や加圧スチームによって浸食されることもありません。これらの非常に幅広い分野での特徴を生かしてpeekはさまざまな分野で、さまざまな部品の材料となることが出来ます。

製法とその歴史、使用例

peekの製法は5種類の製法に分別する事が出来ます。その内実際に工業化されているのは、求核置換反応法と求電子置換反応法の2種類のみです。求核置換反応法とは、ヒドロキノンとフッ素を置換体として両端に結合させたベンゾフェノンを求核置換反応で製造する方法です。また求電子置換反応法とは、ベンゾフェノンと両端に求電子剤として塩素を結合させたケトン基を持つベンゼン環を、塩化アルミニウムなどを触媒として、フリーデル・クラフツ反応で結合させて製造する方法です。peekの歴史については、1978年にICIにより開発されました。その2年後に工業化されました。 peekの具体的な使用例はさまざまな特徴を生かして、電線の被膜や、電気、電子関連部品や、エンジンなどの高温域での部品などに使用されています。

Copyright (c) 2015 定期的に業者に掃除を依頼することでいつまでも清潔で安全に使える all reserved.